プロペシアには高い発毛効果があるとして、様々な人に愛用されている人気なAGA治療薬です。薄毛は特に男性にとってはコンプレックスになりやすい要素なので、これを機にプロペシアでAGA治療してみませんか?プロペシアの効果や副作用について詳しい説明があるので参考にしてみてください。また、他のAGA治療薬の説明もあるのでプロペシア以外の選択肢も検討できます。

目を閉じる男性
  • ホーム
  • 女性用のプロペシアは存在するのか?

女性用のプロペシアは存在するのか?

悩む男性

男性のAGA治療は積極的に行われており、プロペシアは特によく選ばれている薬です。
プロペシアは飲むタイプの薬でその主成分はフィナステリドです。
男性の薄毛は男性ホルモンの影響で起こることが多いですが、フィナステリドは男性ホルモンが薄毛の原因となるDHTに変換されるのを防いでくれます。

女性の薄毛もDHTが影響するとされていますので、改善のためにプロペシアの利用を検討している人もあるのではないでしょうか。
女性の薄毛にも効果があるイメージがありますが、プロペシアは女性には効果が認められていませんし、特に妊婦の方は注意が必要です。

有効成分であるフィナステリドは妊娠中の方はもちろん、妊娠の可能性がある人や授乳中の人も気をつけなくてはいけません。
安全性の高い薄毛治療薬というイメージがありますが、妊娠中の女性が服用すると男児胎児の生殖器官などの発育に影響を及ぼす可能性があるとも言われています。
それゆえ、妊婦は飲まないことはもちろんですが、触ることでも体に吸収され、胎児の生殖機能に影響が出る可能性があるとされていますので薬に触らないようにしましょう。
妊娠中はもちろん、出産後も薬の成分が母乳に出てしまう可能性がありますので、出産後も薬に近づかないことが大事です。

フィナステリドはもともと男性の前立腺肥大症の治療薬で、前立腺は男性にしかありませんので、もともと女性が使うことを想定して作られた薬ではありません。
男性がプロペシアによる薄毛治療を行っている場合も女性や子供が同居している場合は薬に触れないようしっかりと管理しておくことが大事です。

女性には治療方法がないのかということとなりますが、決してそうではありません。
医療機関では女性に合う薄毛治療が提供されていますし、市販の商品でも女性向けの育毛商品は充実していますので、上手に活用して進行を防いでいきましょう。
女性用の商品では育毛剤やサプリメント、育毛シャンプーなどがあげられます。

女性でもできる対策をしよう

男性のAGA治療には効果的なプロペシアですが、女性には向いていない薬ですので勝手な判断で使用することは避けましょう。
女性は男性ほど極端に薄毛が進行することは少ないですが、やはり髪がボリュームダウンすることは老けて見えることにもつながります。
それゆえ、やはり女性もしっかりと育毛対策をして豊かな髪を保っていきたいですが、薬に頼らずとも対策は色々な方法があります。

髪の成長には頭皮を健康な状態に保つことが大事です。
頭皮ケアでは育毛剤も効果的で、洗髪後などの清潔な頭皮につけると血行が促進されますし、育毛に良い成分もしっかりと取り入れていくことができます。
育毛剤は直接頭皮につけるタイプが人気ですが、薄毛の改善には内側からのケアも有効ですので飲む育毛剤とも呼ばれている育毛サプリメントを活用することもおすすめです。
サプリメントは食事だけで摂るのが難しい栄養素や髪の成長に良い成分がバランスよく含まれていますし、薬のように副作用が起こる心配もありません。

毎日行えるヘアケアでは洗髪があげられますが、あまりに洗浄力が強すぎるタイプや髪や頭皮に負担となる添加物を多く含む商品を選んでしまうと逆効果となってしまうこともあります。
洗髪は毎日のように行うものだからこそ、低刺激で安全性の高い商品を選びましょう。
過度なパーマやヘアカラーも髪を傷める原因となりますので状態が良くない時は控えておくことがおすすめです。

ホルモンバランスの乱れも髪に悪い影響が出てしまいますので、こちらも気をつけたいところです。
さらに血行の悪さも髪の成長には良くありませんので、頭皮マッサージを活用する、運動で全身の血流を良くするケアも取り入れてみましょう。