プロペシアには高い発毛効果があるとして、様々な人に愛用されている人気なAGA治療薬です。薄毛は特に男性にとってはコンプレックスになりやすい要素なので、これを機にプロペシアでAGA治療してみませんか?プロペシアの効果や副作用について詳しい説明があるので参考にしてみてください。また、他のAGA治療薬の説明もあるのでプロペシア以外の選択肢も検討できます。

目を閉じる男性

プロペシアの正しい使用方法

メガネをかける男性

AGA治療薬として有名なプロペシアはフィナステリドを主成分とした内服薬です。
プロペシアでAGAの治療をしたいという場合、正しい使用方法を知っておくことが大切です。
きちんと飲み方を守らないと効果が出ないこともあるので注意しましょう。
また、飲むタイミングや飲み忘れた時の対処法が気になっている人もいるかもしれません。

薬の中には食前や食後など飲むタイミングが決まっているものもありますが、プロペシアはいつ飲んでも良いということです。
基本的には水かぬるま湯で飲むのがおすすめです。
この薬は水かぬるま湯以外のジュースやコーヒーなどで飲んでも良いとされていますが、効果が出にくくなってしまうことも考えられます。
また、お酒を飲んだ後に服用するのは避けましょう。
お酒を飲んだ時は2時間以上空けてから服用するか翌日に飲むことが大切です。

プロペシアの効果を得るためには継続して服用することもポイントです。
効果の出方には個人差もありますが、6ヶ月以上は継続した方が良いでしょう。
飲み忘れると効果が出にくくなってしまうため、毎日忘れずに飲むことが重要です。
プロペシアは飲むタイミングが決まっていないのでいつ飲んでも良い薬ですが、飲む時間を決めておくことで飲み忘れの防止になります。

プロペシアでAGAの治療を行う場合、毎日欠かさず飲むことが大切です。
それでも場合によっては飲むのを忘れてしまうこともあるかもしれません。
間違った方法で服用するのは良くないため、正しい対処法を確認しておきましょう。

プロペシアを飲み忘れたことに翌日になってから気づき、2日分を一気に服用しようと考える人もいるかもしれません。
しかし、飲み忘れに気づいても基本的には1日1錠の服用となっています。
日付が変わっていた場合、忘れていた分まで服用する必要はありません。
フィナステリドの1日の摂取量が急激に増えてしまうのは良くありませんし、場合によっては1日の服用量が1mgを超えてしまうこともあります。

プロペシア使用時の注意点

フィナステリドを主成分としたプロペシアはホルモンに影響を与える薬であり、AGAの治療で使用する際には注意すべきポイントがあります。
プロペシアは比較的安全性の高い薬とされていますが、間違った方法で服用すると後悔してしまうこともあると言われています。

プロペシアを服用する場合、まずはきちんと量を守ることが大切です。
プロペシアには含まれているフィナステリドの量が0.2mgのものと1mgのものがあります。
AGAの治療では0.2mgのものを処方されることが多く、この薬を1日1錠服用するのが一般的です。
ドクターの判断によって量を増やすことはできますが、1日の上限量は1mgとなっています。
それ以上の量を服用することは禁止されているため、自己判断で量を増やさないように注意しましょう。

プロペシアは一度にたくさん飲んでも効果がアップするわけではありませんし、費用が多くかかってしまうだけです。
効果を得るためには継続することが大切です。
中にはフィナステリドを5mg含むものもありますが、これは病気の治療に使われるものとなっています。
AGAの治療では使用できないということです。

肝臓に不安がある人はプロペシアを飲まないのが無難です。
この薬を服用すると肝臓の細胞が死んだ時に出る酵素が増えてしまうことがあり、肝臓に負担がかかっている可能性が考えられます。
肝臓に障害が出てしまったという報告は少ないですが、肝臓に不安を抱えている場合は注意しましょう。

DHTはAGAの原因になる物質ですが、男性器の生成にも関わっています。
そのため未成年のうちにプロペシアを服用した場合、発育障害が起こってしまうこともあります。
飲んでも良いのは20歳を過ぎてからであり、子供の場合は他の方法で薄毛対策を行うことが重要です。
また、小さい子供がいる場合は誤飲を防ぐために保管場所をきちんと考えましょう。