プロペシアには高い発毛効果があるとして、様々な人に愛用されている人気なAGA治療薬です。薄毛は特に男性にとってはコンプレックスになりやすい要素なので、これを機にプロペシアでAGA治療してみませんか?プロペシアの効果や副作用について詳しい説明があるので参考にしてみてください。また、他のAGA治療薬の説明もあるのでプロペシア以外の選択肢も検討できます。

目を閉じる男性
  • ホーム
  • プロペシアに副作用はあるのか?

プロペシアに副作用はあるのか?

考えている男

プロペシアはAGAの治療の有効成分のフィナステリドを含む内服薬です。
プロペシアがAGAの治療に効果があるのは、AGAの大きな要因となる強力な男性ホルモンのDHTを作る酵素の働きを抑えるからです。
DHTがAGAの原因ということはすでに分かっていますので、DHT自体が減ればAGAの進行を遅らせることができ、治療に効果を発揮します。

効果が高いですがプロペシアはあくまでも薬ですので、個人差はありますが副作用を感じることがあります。
副作用は一般的な薬において大なり小なりあるものですので、プロペシアに限ったものではありません。

プロペシアの主な副作用は、性欲減退やEDのような性機能に関係のあることです。
どれくらいの確率で起こるかと言うと国内での評価試験では性欲減退が1.1%、EDは0.7%の人に副作用が認められています。
添付文書にも書かれていますが、頻度不明で男性不妊症、精液の質の低下なども挙げられています。

それ以外にも言われている副作用には肝機能障害がありますが、国内の評価試験では認められていませんでしたし海外での報告でも確率は不明です。
副作用として報告されているものは他にも発疹、蕁麻疹、抑うつ症状、めまいなどがありますがこちらの発症頻度も不明です。
頻度不明の副作用については、因果関係まで分かっていないものも含まれています。

性機能に関する副作用は合わせても1.8%ですのでかなり低い確率と言えますが、ゼロではないということです。
男性にとっては性機能の悩みはAGAの悩みくらい大きいものですので、低い確率でも発生するということは知っておくべきです。

100人のうち2人が何らかの服作用に悩まされることになるということです。
服用しても全く何も感じない人、副作用の現われ方や重症度などは個人差が大きいです。
クリニックで処方される場合には血液検査をすることもありますので、あらかじめ副作用が出やすい体質かどうかも分かります。

性欲減衰の対処方法とは?

フィナステリドの服用でもし副作用が出た場合、服用を中止あるいは分量を減らすことで症状は改善します。
あまりにも重篤な症状の場合には医師に相談して服用を止めるべきですし、止めることで気になる男性機能に関しては元に戻ったという報告もあります。

ですが性欲減退やEDの副作用に関しては、服用を止めたあとも続くというポストフィナステリド症候群という後遺症が出ることがあります。
服用を止めてAGAの治療が進まない上に、副作用に悩まされる人もわずかですがいるのが事実です。
それでもAGAの治療のためには多少の副作用は気にせずに飲みたいという人もいるでしょう。
服用が原因で性欲が衰退してしまった時の対処法はあるのでしょうか。

まず副作用のせいで性欲衰退が起こってしまうと言われていることについてですが、アメリカの研究ではフィナステリドのプラセボ投薬実験で約2%の人に、フィナステリドの副作用が起こっています。
本物の薬を飲んでいない人の中でも同じくらいの確率で、性機能の障害が出ているのです。

つまり副作用が出ている人の中には「フィナステリドを服用すると副作用が出る」と思い込みから副作用が出ている可能性があります。
性欲に関することはメンタルが影響しやすいことですので、気の持ちようということも考えられますので、あまり気にしすぎないということも必要です。

それでも副作用が気になるという場合、衰えてしまった性欲をカバーするためにはサプリメントを摂取するという方法があります。
亜鉛やアルギニン、マカなどは男性の性をサポートしてくれるサプリメントです。
薬ではありませんが適量を守って飲むことで、メンタル面のサポートにもつながります。
即効性はないですが長く飲んでいくことで、衰えた性欲のサポートに期待ができます。